大学院・学部合同FD講演会(メンタルヘルス)のご案内

高等教育開発センターでは、大学院部門会議及びメンタルヘルス専門委員会との共催でFD講演会を開催します。
これは大学院設置基準の改正(平成19年4月1日)、大学設置基準の改正(平成20年4月1日)により大学院及び学部教育におけるFD(ファカルティ・ディベロップメント)が義務化されたことを受け実施するものです。
今回は、大学院・学部教育において、学生に対していかなる接し方が望ましいのか、メンタルヘルス関係では我が国の第一人者の一人である講師から、そのヒントを得るための講演を企画しました。多数の先生方の参加をお待ちしています。

講師早川 東作 氏 東京農工大学保健管理センター教授
開催日時平成20年11月7日(金) 15:00~16:30
テーマ学生とのよりよい関係を目指して
【講師からのメッセージ】
この数年、研究室を中心に学生指導にあたる教員から学生対応をめぐる相談が増えて参りました。そこで多様な学生の指導の際に留意しておきたいこととして2点、すなわちメンタルヘルス不全の学生への対応の要点と、いわゆるハラスメント的な対応にならないための心得を中心に、いくつかのモデル事例を紹介しながらお話ししたいと思います。参加の皆さまからのご質問やご意見を頂ければ幸いです。
開催場所旦野原キャンパス 教養教育棟32教室
挾間キャンパス  看護学科211号教室(遠隔授業システムを利用)

講演の終了後、下記のように、講師を交えての意見交換会を設定しています。講演内容について詳しく具体的なお話が聞きたい方、また、日頃の学生への対応にお考えのある方は、どうぞご参加下さい。

意見交換会

開催日時平成20年11月7日(金) 17:00~18:00(予定)
開催場所教養教育棟 学生センター会議室

参加に当たっての事前申し込みは必要ありません。

(更新)2008年11月6日

関連記事

ページ上部へ戻る