【3月8日】FD講演会「大分大学におけるICT活用教育の歩みと展望」のご案内

大分大学では、これまでにSCS(衛生通信システム)や、インターネットを活用した遠隔授業を実施してきました。ICT活用教育の基盤となる学習管理システムとして(LMS)として、2003年にWebCT、その後2007年にWebClass、2017年にはMoodleを導入し、学生の教育に活用してきました。こうした本学におけるこれまでのICT活用教育の経緯を振り返りながら、今後の展望についてをご講演いただきます。

事前お申し込み

当日参加も可能ですが、事前申込にご協力をお願いします。以下の「お申し込みフォーム」から、3月6 日(水) までにお申し込みください。

▼お申し込みフォーム

ポスター

 

▲2018年度 FD講演会「大分大学におけるICT活用教育の歩みと展望」ポスター(PDF)

講師

山下 茂(教育学部 教授)

日時

2019年3月8日(金) 13:10-14:30

場所

旦野原キャンパス教養教育棟14号 

対象

大学教職員、大学生、ICTを活用した大学教育に関心のある方

主催

大分大学高等教育開発センター

お問い合わせ先

大分大学高等教育開発センター(hecenter●oita-u.ac.jp)まで
(●は@にしてください) 

関連記事

ページ上部へ戻る