生涯学習支援の概要

高等教育開発センターが行う生涯学習支援の概要

1.方針

高等教育開発センターでは、県民の方々への生涯学習支援や、本学学生への生涯学習の勧めについて以下の方針を基に、学外の様々な分野と連携・協力して地域の発展に寄与するなどの地域貢献をシステム的に推進するとともに、学内の教育活動に反映することとしています。

①大分大学における教育課題の推進について、センター固有の役割を発揮するとともに、
学内組織、とりわけ全学教育機構と連携し、本学の教育活動の充実・発展に寄与する。
②大分大学における高等教育・生涯学習に関する調査・研究及び開発を行う。
③大分大学が行う生涯学習関連事業および大学開放事業の推進を通じた地域貢献活動の発展に
寄与する。

2.事業内容

(1)大学開放推進部門

(2)生涯学習支援システム部門 

生涯学習関連業務内容

1.大学開放と学習機会の提供      

(1)公開講座の開設

(2)公開授業の実施

(3)センター主催事業の実施

2.生涯学習支援システムの整備

(1)地域生涯学習支援システムの整備

(2)生涯学習関係者の研修

3.生涯学習振興の調査・研究・開発   

(1)学内共同研究開発                 

 ①大学開放に係る研究開発               

 ②生涯学習に係る研究開発

(2)学外と連携した調査・研究・開発

 ①地域生涯学習支援システムの研究開発

 ②生涯学習に係る研究調査

生涯学習支援概要についての詳しい説明はこちらpdfをご覧下さい。

 4.学習情報提供・相談活動

(1)学習状況提供

(2)学習相談活動

生涯学習関連事業計画

公開講座 主催講座
連携講座
公開授業  
センター事業 学習機会提供事業
生涯学習指導者研修事業
大学教育と生涯学習の接続・連携
学内外のネットワーク化 大学内のネットワーク、県及び市町村教育委員会とのネットワークづくり
有資格者ネットの組織化
県内高等教育機関のネットワーク化
市町村・団体等との共同・連携事業 事業の共同・連携
生涯学習推進と社会的活動の取り組み 教育委員会生涯学習行政との連携
市町村教育委員会生涯学習行政との連携
団体、機関、大学等への連携
委員等への就任
生涯学習に関する研究調査 個人研究、共同研究
情報収集提供・学習相談活動 情報収集・提供
学習相談

年度別「生涯学習関連事業計画」についての詳しい説明

(平成21年度こちらpdf ・ 22年度こちらpdf ・  23年度こちらpdf

 

調査・研究・報告書等の紹介

センターが関与した調査研究資料としては生涯学習教育研究センター紀要によって紹介するものとセンター教員が機関等との連携で行った各種調査研究があります。
生涯学習教育研究センター紀要掲載分はこちらから検索してください。生涯学習・社会教育の振興方策に関する本センターの調査研究については下記一覧からの検索もできます。

[紹介]研究紀要に掲載した平成19年度以前の分については、大分大学図書館のホームページで紹介しています。
[紹介]センター教員が行った学外での近年の研究発表等についてはこちらからご覧ください。

平成23年度                                      太字はセンター教員

調査研究題目
調査研究者
リンク先
事例集 教育の創造~地域『協育』のススメ(第1巻) 中川忠宣
NPO法人大分県「協育」アドバイザーネット

 

平成20年度

調査研究題目
調査研究者
リンク先
市町村社会教育計画等およびその実践化課程に関する研究
~市町村社会教育計画等の実践化過程の分析~
岡田正彦
※県立生教セとの共同研究
紀要:「新しい公共」の形成に資する社会教育の推進に関する一考察 岡田正彦
紀要:家庭、学校、地域社会の教育の協働に関する調査分析の報告
~学校支援活動に関する由布市及び別府市の実態調査から~
中川忠宣
山崎清男
深尾誠
生涯学習社会の形成を目指す教育の協働に関する報告
~大分県における「学校支援地域本部事業」に係る意識調査から~
中川忠宣
山崎清男
深尾誠
紀要:県民の生涯学習支援のための「生涯学習関連業務」に関する
一考察
~県及び市町村教育委員会生涯学習推進担当部署の意識調査から~
中川忠宣

 

平成19年度
紀要:生活体験学校の効果に関する一考察
~大分県豊後高田市生活体験学校の事例~
山崎清男
深尾誠

 

平成18年度
紀要:家庭・学校・地域社会の連携・協働による教育システムの構築
~「協育」ネットワークシステムの形成を中心として~
山崎清男
中川忠宣
矢野 修
紀要:生涯学習の視点から見たNPO活動の可能性
~小学生から高校生の年代における冒険教育の導入について~
橋口泰宣
軸丸勇士
伊藤安浩
州崎洋昭

 

平成17年度
紀要:大分大学米水津塾の10年 橋口泰宣
軸丸勇士

 

平成16年度
紀要:大分大学の大学開放に関する教員の意識調査研究 橋口泰宣
紀要:マルチメディア機器を活用した授業記録の有効性を研修するための基礎的研究 岡田正彦

 

平成15年度
紀要:大分大学の大学開放に関する調査研究
-大学開放における生涯学習教育研究センターの位置づけを中心に-
岡田正彦

 

平成14年度
紀要:大分県と大学研究室との連携による「男女共生ゼミ」修了生の地域活動 久保加津代
紀要:住民ニーズと地域生涯学習支援システム整備の方策に関する一考察
-本耶馬溪町生涯学習まちづくり基礎調査をもとに-
岡田正彦

 

平成13年度
紀要:生涯学習政策の展開 山崎清男
紀要:社会教育関係職員の研修プログラム開発に関する序論的研究 岡田正彦
土居誠一
紀要:家庭教育の在り方に関する調査研究
-幼稚園・小学校・中学校の実践現場からの視線-
山崎清男
橋口泰宣
岡田正彦

阿久根 求

 

平成12年度
紀要:生涯学習の視点からみた家庭教育 山崎清男
紀要:家庭教育プログラムの開発に関する研究
-子どもの発達段階別にみた家庭教育の実態と課題-
阿久根 求
山崎清男
岡田正彦
紀要:企業の社会貢献活動・生涯学習活動・大学等との連携に関する調査研究 深尾誠
北島茂樹
山崎清男

 

生涯学習情報

生涯学習・ 社会教育に関する質問とその答えです。


社会教育委員や公民館の歴史・役割、社会教育と生涯学習の違い等の基礎的な学習をしたいのですがどうすればいいですか?


生涯学習や社会教育に関する資料は多くありますが、「何を知りたいか」によって資料を探すことが大切です。

○大分県教育委員会では、網羅的に簡単な説明をした「社会教育委員研修資料」を作成して研修会等で配布しています。必要な方は大分県教育委員会生涯学習課のホームページに掲載していますので活用ください。

○基礎的な内容や具体的な実践などは、「社教情報」(全日本社教連合・年2回・全会員に配布)はとても参考になります。

○大分県の社会教育に関する情報は「情報誌『波紋』」(大分県社会教育委員連絡協議会・H18~・全会員に配布)をご覧ください。この情報誌には、大分県内の社会教育委員の活動を掲載していますので、会員の方々からの情報提供をお待ちしています。

 


教育基本法が改正されましたが、生涯学習、社会教育に関係することは何ですか?


平成18年12月に60年ぶりに改正された教育基本法では、新たに「生涯学習の理念」 (3条)、「家庭教育」(10条)、「学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力」(13条) が条文化されました。

60年前に比べて、教育に関する状況が変化している中での重要な 教育内容とされたこととなります。このことによって「社会教育」(12条)では、これまでの「社会教育」の内容が精選されました。

これらの条文は、単に社会教育のみで対応するものではなく、社会教育行政と学校教育 行政との連携・協力、さらに学校やPTA等の社会教育関係団体、地域に存在する様々な 組織や企業等との連携・協力が必要となります。 さらに、国においては改正教育基本法を受けて社会教育関連法案の改正の検討も行われています

 


最近「協育」という言葉を耳にしますが、どういう意味ですか?


「協育」という言葉は「協働して育む」という言葉を短くした造語です。大分県教育委員会が平成17年から使い始めた言葉で、「学校、家庭、地域社会が連携し、それぞれの教育機能を相互に補完・融合しながら、協働して子どもを育てていくこと。」としています。学校の教育力、家庭の教育力、地域社会の教育力の三つの力をプラス(+)《協》して子どもを育む・大人が育つ《育》ことを目指して、その意味を感じていただくためにあえて「協育」という造語を使っています。

大分県教育委員会では、平成17年度から「地域協育振興モデル事業」(豊後高田市・臼杵市・佐伯市・豊後大野市)を実施して推進してきました。さらに、「地域協育振興プラン」(H19.3)の策定や、別府市と由布市での取組(文部科学省委託)をとおして全県への普及を図っています